○金沢学生のまち市民交流館条例施行規則

平成24年6月29日

規則第54号

(趣旨)

第1条 この規則は、金沢学生のまち市民交流館条例(平成24年条例第4号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この規則で使用する用語の意義は、条例で使用する用語の意義の例による。

(活動の内容)

第3条 条例第8条に規定する金沢学生のまち市民交流館(以下「交流館」という。)の設置の目的に適合する活動として規則で定めるものは、次に掲げる活動とする。

(1) 学生相互の交流活動

(2) 学生と市民との交流活動

(3) 本市と協働して行われているまちづくり活動

(4) 町会その他の地域団体による地域社会の活性化のための活動

(5) 高等教育機関による教育活動

(6) 前各号に掲げる活動のほか、市長が適当であると認める活動

(使用の申請)

第4条 条例第10条の規定により、交流館の会議室又は交流ホール(以下「会議室等」という。)の使用の承認を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、金沢学生のまち市民交流館使用申請書(様式第1号。以下「使用申請書」という。)により、市長に申請しなければならない。

(使用申請書の受付期間)

第5条 使用申請書の受付期間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める期間とする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(1) 学生で構成する団体及び高等教育機関 会議室等を使用する日(引き続き2日以上使用する場合にあっては、当該会議室等の使用期間の最初の日。以下「使用日」という。)の3箇月前の日の属する月の初日から使用日の前日まで

(2) 前号に掲げるもの以外のもの 使用日の2箇月前の日の属する月の初日から使用日の前日まで

(使用期間)

第6条 会議室等を引き続き使用することができる期間は、2週間とする。ただし、市長が必要があると認めるときは、当該期間を超えて使用することができる。

(使用承認書の交付)

第7条 市長は、会議室等の使用を承認したときは、金沢学生のまち市民交流館使用承認書(様式第2号)を申請者に交付する。

(使用料の減免)

第8条 条例第14条の規定に基づき使用料の減免を受けようとする者は、金沢学生のまち市民交流館使用料減免申請書(様式第3号)により、市長に申請しなければならない。

(原状回復)

第9条 会議室等の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、その使用を終えたときは、直ちに会議室等の設備等を原状に復さなければならない。

(使用者の遵守事項)

第10条 使用者は、条例に定めるもののほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで寄附金の募集又は物品の販売、宣伝その他営利行為をしないこと。

(2) 許可を受けないで印刷物等を掲示しないこと。

(3) 所定の場所以外の場所で火気を使用しないこと。

(4) 許可を受けないで所定の設備等以外の設備等を使用しないこと。

(5) その他交流館の職員の指示に従うこと。

(入館の制限)

第11条 館長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、入館を拒否し、又は退館を命ずることができる。

(1) 風紀を乱し、又は乱すおそれがあると認められる者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となる物品又は動物の類を携帯する者

(3) その他管理上支障があると認められる者

(雑則)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成24年9月29日から施行する。

画像

画像

画像

金沢学生のまち市民交流館条例施行規則

平成24年6月29日 規則第54号

(平成24年9月29日施行)