まちづくり
旧石川銀行本店跡地等の開発をどう進めていくのか【田中仁議員・かなざわ】
武蔵ケ辻第1地区の再開発事業の見直しを【升きよみ議員・共産党】
JR北陸本線連続立体交差事業の見通しは【北篤司議員・かなざわ】
景観緑三法と本市景観条例との関係は【山野之義議員・自民金沢】
上菊橋かけかえ工事に伴う近隣商店街への影響は【近松美喜子議員・共産党】

旧石川銀行本店跡地等の開発をどう進めていくのか【田中仁議員・かなざわ】TOPへ
質問
 本市中心部にある旧石川銀行本店や武蔵ケ辻ビルを民間事業者が取得するという。空洞化が進む中心部に動きが出てきたことは歓迎すべきだが、金沢のまちづくりに沿った開発整備が必要と考える。今後、どのように民間事業者と話を進めていくのか。
答弁
 いずれの場所も都心軸線の最重要拠点であり、品格と魅力が必要だと思っている。香林坊ではまちづくり協定締結の機運があり、武蔵ヶ辻では再開発事業が検討されている。こうした動きと連携を図りながら、民間事業者等に、両地区のまちなみ形成にふさわしいまちづくりへの理解と協力を求めていきたい。(市長)

武蔵ケ辻第1地区の再開発事業の見直しを【升きよみ議員・共産党】TOPへ
質問
 武蔵ケ辻第1地区の不動産を県外の民間企業が取得した。この地区の整備に当たっては住民の意見を十分に反映させるべきであり、全国的に再開発事業が破綻している中、公的資金を投入し、県外開発業者を優遇するような再開発事業を進めるべきではないと考えるがどうか。
答弁
 当該地区は空き店舗が目立つなど放置できない状況にあり、再開発準備組合も組織されている。今後、地元はもとより、新たな地権者も含めて調整を行い、活気のある商業地区となるよう再整備を図っていきたい。また、再開発法に基づく負担や所要の経費は支出する。(市長)

JR北陸本線連続立体交差事業の見通しは【北篤司議員・かなざわ】TOPへ
質問
 犀川から西金沢駅までのJR北陸本線連続立体交差事業は、新幹線整備との兼ね合いから事業化に至らず、地域住民は、線路による地域の分断、道路の渋滞などの弊害を受けてきた。しかし、松任市に建設される車両基地までの新幹線整備が確実視される今、立体交差事業の見通しはどうか。
答弁
 犀川以西の立体交差事業で現在、都市計画決定されている高架区間は犀川から伏見川までであるが、この区間では事業効果が低いため、西金沢駅まで区間を延長して高架化する方向で検討している。今年度中に、基本構想がまとまり次第、関係機関との協議、調整を進めていきたい。(市長)

景観緑三法と本市景観条例との関係は【山野之義議員・自民金沢】TOPへ
質問
 6月11日に、景観保全初の基本法となる景観法を初めとする景観緑三法が成立し、1年以内に全面施行となるが、景観施策では先進地である本市の景観条例を初めとした既存条例との関係をどのように考えているのか。また、この法律を生かした新たな条例の創設を検討しているのか。
答弁
 本市の景観施策の歴史は35年にも及び、法律に一言一句合わせることはしたくない。国に対して、自治体の既存条例が柔軟に対応できるよう要望してきた。また、これまで景観施策の中で手薄な部分であった幹線道路等の沿道景観の形成に関する条例を新たに制定できないか検討を進めている。(市長)

上菊橋かけかえ工事に伴う近隣商店街への影響は【近松美喜子議員・共産党】TOPへ
質問
 上菊橋は、平成13年度からかけかえ工事が進められているが、工事が長期化し交通の流れが変わることにより、近隣商店街に深刻な影響を与えている。公共事業は徹底した住民参加のもとで進められるべきであり、近隣商店街への影響を調査し、十分な説明を行い、意見を求めるべきではないか。
答弁
 工事の実施に当たっては、近隣の住民や商店に対し、説明会等を通じて理解を得ながら進めてきているところであり、かけかえ工事に伴い通行どめになっているが、近隣商店に対して、工事が営業に与える影響調査については実施していないし、今後も実施する予定はない。(土木部長)